埋没法後に二重が取れた、取れかけた時の対処法は?

埋没法から数日〜数ヶ月で、二重まぶたが取れた!という人も

二重埋没法が施術後、すぐに取れたという方の環境については、以下のようなことが考えられます。

  • まぶたに厚みがある(糸が固定しにくい)
  • 術後、頻繁に患部をこすったり、触ったりした
  • もともとのまぶたのクセ(奥二重など)が強い

などです。

まぶたの状態や質は千差万別ですので、なかにはとれやすい人もいるということを覚えておくと良いでしょう。

ご自分のまぶたに埋没法をほどこした場合、とれやすいかどうか、あらかじめ担当医にたずねておきましょう。

二重埋没法がもしも取れてしまったときの対処法

二重埋没法が取れてしまった場合について、あらかじめクリニックにご自分が「取れやすい」かどうかを聞いておくことは先に述べた通りです。

では、実際にとれてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。

生活パターンによって可能な方、不可能な方がいらっしゃるかと思いますが、まずは日常生活(仕事、人に会う等)に戻るまでのスパンを長くしておくと無難です。

本当に「取れやすい」条件が整っていると予測される場合は、長くお休みできるよう準備すればベストです。

>>クリニック、施術方法を紹介

「私、施術後すぐに埋没法が取れました」という3人のお話

埋没法は開発されてから長い時間が経ち、すでに完成された二重整形の方法です。

しかしながら、全ての人が納得のいく施術結果を手にできるとは限りません。さまざまな悩み、困りごとを抱えてしまうケースも。ここでは「取れてしまった」という方の体験談をご紹介します。

取れたときを考えて保障制度ありのほうがいいです

体験談二重埋没法を2回経験しました。最初に施術を受けたときは片目だけが2週間でとれてしまい往生しました。

とれていない目に合わせてアイテープでごまかして乗り切り、2回目の施術でとれてしまったほうを修正。現在では維持できています。

すぐにとれてしまった場合のための保障制度があったのでそれを利用しました。

こすりすぎは取れます

体験談最初の施術で、術後かゆみが止まらずこすりすぎたのか、右目の二重が取れてしまいました。

幸い、ダウンタイムのための時間を長く取っていてとれてすぐクリニックで再診してもらうことができました。すぐに再施術して、術後のかゆみを乗り越えて現在は二重を維持しています。

何回も取れることがあります

体験談サングラスの女性埋没法は3回受けました。2回受けて2回ともすぐに取れてしまったからです。

自営業で、ある程度服装に自由がきくのでサングラスをかけるなどしてごまかしていましたが、鏡を見ると片方だけ二重でとても悲しかったです。

3度目の正直で受けた施術が功を奏し、きれいな二重を実現しました。

二重が取れたらどうする?必ず考えておきましょう

昨日までのきれいな二重が、朝起きたらとれてる!という場合、仕事や学校などで手を離せない場合はメイク・髪型で隠している方が大半のようです。

とれたらすぐに施術したクリニックへ連絡して、担当医師に再診してもらいましょう。再診して、同じ施術をもう一度するか、あるいは別の対策をとるのかの判断を仰ぎましょう。

可能であれば、施術前に短期間で二重がとれてしまった場合の保障についてもしっかり把握しておきましょう。

>>クリニック、施術方法を紹介



このページの先頭へ