二重埋没法のダウンタイムについて 〜二重埋没法を紹介!“腫れない” “切らない”評判の二重埋没法とは?~

二重埋没法のダウンタイムについて

一人時間まず、ダウンタイムについて簡単に説明しましょう。これは二重埋没法に限らず、整形手術では必ずチェックしておきたいことです。

施術後、麻酔が原因で腫れたり、あるいは手術時の動作により目の重み、痛み、腫れ、あざなどができることがあります。

美容整形の世界で使われる専門用語「ダウンタイム」とは、施術後、これらがよくなって希望の状態に落ち着くまでの期間のことを指します。

ダウンタイムが続いている間は、主に人に会うことが制限されます。施術前の生活を取り戻せるまでの時間をダウンタイムと考えて良いでしょう。

メスを入れない二重埋没法でも、ダウンタイムは発生する

なぜダウンタイムが発生するのでしょうか。

二重埋没法の施術は、二重をつくりたい箇所に針で糸を通して固定するという方法で行われます。

使用する針も非常に繊細かつ衛生的です。ですが、柔らかいまぶたに施術時・麻酔時の少なくとも2回針を通すわけですから、腫れや痛みはつきものです。

日常生活で切り傷を作ったとき、その部分が完全にもとに戻るまでどれくらいかかりますか。その期間を、ダウンタイムと認識すれば良いでしょう。

二重埋没法のダウンタイム体験談。どんなふうに過ごしたの?

ダウンタイムと一口に言っても、その期間や感じ方、考え方は人によってさまざまです。ダウンタイムを無事に終えた二重埋没法経験者の声を集めました。これから施術を受ける方の参考になれば幸いです。

ダウンタイムの影響を考えると年齢も重要

体験談40代を迎えるころ、積年の悩みであった細目を根本から変えようと二重埋没法に挑戦。

施術直後からかなり腫れてしまいました。ダウンタイム中も日常生活に制限をせずパートに出たりしていたのですが、多分周囲の人たちは分かっていたと思います。

もう少し若いときに施術を受けていれば、また違ったダウンタイムになっていたかな、とも思います。

ダウンタイムは3日ほどでした

体験談大学時代、就職活動を始めるときに二重埋没法の施術を受けました。元々かなり地味な顔で自分に自信が持てず、表情も乏しかったので就活に差し支えると思ったからです。

ダウンタイムは自分としては3日くらいだったかなと認識しています。目に見える腫れや目の重みはすぐに引いたので、その後の生活に特に影響しませんでした。

ダウンタイムを見越した休暇が重要

体験談働いて貯めたお金で二重埋没法をしました。

30代も半ばを迎え、体の重みの取れ方や傷の治りが遅いと感じていたので、埋没法のダウンタイムもある程度見越して施術後1週間の休暇を取っておきました。

やはり想像通りかなりきつい腫れが出ましたが、1週間後に確認のための再診を受けるころには見た目に分かりにくい程度に戻っていました。

ダウンタイム対策にも、やはりクリニックとの密な相談が大事

二重埋没法を本気で受けようとする人は、術後起こるダウンタイムにもかなり真剣に向き合っています。

ただ、自分で考えて判断するには情報も乏しいですし、他人の体験談は参考にはなっても自分に完全に当てはまるものではありません。やはり信頼のおけるクリニックで医師と相談することが一番大事なのです。

どれだけ施術に親身になってくれるかということを念頭に置いて、クリニックを厳選しましょう。

>>注目の「腫れない」二重埋没法



このページの先頭へ