どうなる二重埋没法の術後、知っておきたいトラブルあれこれ 〜二重埋没法を紹介!“腫れない” “切らない”評判の二重埋没法とは?~

起こりうる二重埋没術後の症状を認識すれば、取れる対策がある

スケジュールを確認する女性二重埋没法の施術を受けた場合、腫れやふくらみ、痛み、内出血などの症状が出る場合があるので、術後はなるべく長く休めるようにしておきましょう。外出や人に会う機会がないようにしておく期間が、一週間ほどあるといいでしょう。

ごくまれに術後一週間経っても落ち着かない場合もあります。心配な人は、クリニックで十分に相談をして、手術日を設定しましょう。

二重埋没法のダウンタイムについて

二重埋没法のダウンタイムのヤマは平均して一週間ほど。ですので手術日の設定は三連休の前や週末の夕方などではなく、大型連休の前などのほうがリスクが少ないです。

万一腫れなどの症状が出ても一週間あれば引いてくる可能性が高いですし、その間にクリニックで再診してもらうこともできます。

>>ダウンタイムをまず理解するならこちら

二重埋没法の術後は「腫れを冷やす」のが大事

腫れたり痛みを感じたりしなくても、術後は冷やしてください。

施術後は患部が少なからず火照りを感じています。冷やしすぎないよう気をつけながら、朝・昼・晩1日3回程度クールダウンしましょう。

一週間くらいを目安にしてください。お家にある保冷剤をタオルで包んで冷やすのが手軽でいいでしょう。

>>正しい冷やし方をチェック!

二重埋没法の術後の腫れが引かなかったらどうする?

一週間クールダウンを繰り返しても腫れが引かないとき。

鏡で見てみて赤くなっていたり、明らかにはれていたり、あるいは内出血などの疑いがある場合はクリニックに連絡してください。

二重埋没法は信頼できる整形術ではありますが、デリケートな肌の人などは腫れや痛みが長期に及ぶことも考えられますので、予想される場合は事前に担当医師と相談しましょう。

>>気になる術後の腫れについて

二重埋没法の術後、すぐに二重がとれてしまったら

術後、すぐに二重がとれてしまうことがまれにあります。

施術時に張った糸が何らかの原因で切れてしまっている可能性がありますので、事情を説明して再施術してもらってください。

万一のときのためにあらかじめ、保障制度などにもよく目を通しておきましょう。

>>二重がとれてしまったらどうしたらいいの?



このページの先頭へ