お湯と冷水を交互に使って二重になりやすくする

お湯と冷水を交互に使って二重になりやすくする

入浴中のまぶたの温冷ケアで二重に

人のまぶたには一重まぶたと二重まぶたの2種類があります。

アイメイクなどをする機会の多い女性にとっては、目元が明るく見える二重まぶたのほうが人気が高いものとなっており、二重まぶたにするための手術や矯正器具などには様々なものがあります。

こうした器具や手術を使用しなくても、二重まぶたを形成し、目元をぱっちりとさせる方法があります。

まぶたが腫れぼったくなる原因は、まぶた部分に脂肪や老廃物が溜まった状態になるのと、血行不順になることによるものです。そのため、これらの循環を改善し、老廃物や脂肪を効率的に除去するのが有効な方法です。

脂肪は温めることで燃焼しやすくなるため、お湯を使用してまぶたの血行を促進することは効果的な方法です。

また、お湯で温めたあとに冷水で冷やすことで、肌をクールダウンさせ、また肌の引き締め効果を得ることができます。そのため、たるみやむくみといった状態にも効果の高い方法となります。

むくみやたるみによって目元が腫れぼったくなると、目が小さくなって見え、活力の無い表情に見えてしまいます。また、見た目にも老けて見えるため、これらを解消し、ぱっちりとした二重まぶたを形成することは美容にとっても重要なことです。

二重まぶたをぱっちりとさせるためには、まぶたに起こるむくみやたるみを無くすことが効果的です。

そのためには、お風呂程度の温度のお湯をタオルに浸し、そのタオルで目元を温めることで滞っている血行が促進され、また脂肪も燃焼しやすくなります。

お湯で十分に血行を促進してから、冷水に浸したタオルで目元を冷やすことで、毛穴や皮膚が引き締まり、たるみを改善することができます。これらを数セット繰り返すと、より高い効果を得ることができます。

>>美の魔術師が伝授、二重にするマッサージ

>>二重埋没法の施術後、腫れでお悩みの方へ

サブコンテンツ


このページの先頭へ