目元も運動して二重を作りやすいまぶたになる

目元も運動して二重を作りやすいまぶたになる

まばたき運動で二重まぶたを作る

二重を作るためには、まばたき運動を行うことが効果的です。まぶたの筋肉を鍛え上げることで、目をすっきりとさせることができるのです。

p6二重目を大きく見せるためには、目の筋肉を強化させる必要があるのです。

目の筋肉が衰えてしまったのならば、常に目が細くなってしまう状態になってしまうのです。なので目の筋肉を鍛え上げることは、目を大きく見せるためにも必要なのです。

二重にすることで大切なことは、このまばたき運動により、目の周辺の筋肉を鍛え上げることですが、目の疲労を改善させることも大切です。

目の疲労が蓄積してしまうと、目に代謝物が蓄積してしまい、常に目が疲れている状態になってしまい、目が細くなってしまうのです。

なので、まばたき運動を行うことは、二重を作り上げるためだけでなく、目の疲労の改善になり、目の健康の改善にも繋がるのです。まばたきの不足で発生するドライアイなどの症状も副次的に改善することができるのです。

まばたき運動では、大きく目を開き、そしてぎゅっと目をつぶる、という動作を繰り返します。目を大きく見開くことにより、まぶたの上から額にかけての筋肉を鍛え上げることが出来ます。

これにより、まぶたを上に引き上げる力を向上させることができ、二重を作り上げることに役立つのです。目をぎゅっとつぶることにより、目のストレッチを行うことができます。

しかし、目を見開いた状態のままでいると、おでこにシワを作り上げてしまう原因になってしまいます。

そのため大きく目を見開いたら、必ずその反対方向の筋肉を使用し、バランスを取らなければならないのです。なので、大きく目を開いた後には、ぎゅっと目をつぶり、引き上げる筋肉をストレッチする必要があるのです。

>>二重埋没法の施術後、腫れでお悩みの方へ

サブコンテンツ


このページの先頭へ