より自然な二重作りはダブルクロス法が確実

より自然な二重作りはダブルクロス法が確実

キレイな二重が長続きする埋没法のダブルクロス法

二重まぶたは、目をぱっちりとした印象にするもので、表情が明るく見えたり、メイク映えするなど、メリットの多いものです。一重まぶたの人でも、矯正器具や手術によって二重まぶたを形成することが可能です。

特に手術によって形成されたまぶたは長期間その効果が持続するため、その後のケアにもそれほど手間がかからないのも大きなメリットです。

こうしたまぶたの手術には様々な方法がありますが、ダブルクロス法と呼ばれるものは、従来主流であった埋没法を更に進化させたもので、糸を使用してまぶたの形成をするため、メスを使用することがないのが大きなメリットです。

そのため、術後も腫れが少なく、比較的短い期間でメイクなどをすることが可能となるため、生活に支障をきたしにくいのも利点です。

ダブルクロス法は埋没法に比べ、まぶたがもとに戻ってしまうというトラブルも起きにくく、また糸に負荷のかかりやすいケースでも使用することができるのが特徴です。

二重まぶたは生まれついての体質によるものですが、手術によって形成することが可能です。しかし、顔にメスを入れることに抵抗がある人も多く、手術をためらう人も少なくありません。

ダブルクロス法と呼ばれる術式は切開しないので不安要素が少なく、短時間で手術を完了することができるのが大きな魅力です。特に幅の広い二重を作りたい人や、まぶたの皮膚のたるみが強い人に最適な方法です。

術後は多少の腫れが出ますが、3日ほどで収まることが殆どで、適切なクールケアを使用することで、日常では影響の無い程度に抑えることが可能です。

また、術後2〜3日ほどでメイクも可能になるほど回復するため、手術をしたことを人に絶対に知られたくない、という人に人気の高い施術法です。

>>二重埋没法の施術後、腫れでお悩みの方へ

サブコンテンツ


このページの先頭へ