切開法で綺麗な二重作りと同時にまぶたの脂肪取りも

切開法でキレイな二重作りと同時にまぶたの脂肪取りも

切開法手術で二重まぶたに

最近では、女性もキレイになるために、整形手術を受ける人が多くなりました。整形手術も昔はかなり高価で、手の届かないものでしたが、近頃では高校生でも手術を受けることが可能なぐらいにお手頃価格になっています。

そのため、学生でも二重にしたいと、美容整形のクリニックを訪れるケースが多いようです。二重まぶたは目がぱっちりと見えるので、とても魅力的に見えますが、一重まぶたの場合などは、とても眠たそうに見えてしまいます。

そのため、出来ればはっきりとした目にしたいものです。手術以外にも、アイライナーテープなどで二重になることは可能ですが、腫れたり、すぐに剥がれたりすることもありますので、ずっと魅力的な目でいたい場合には、埋没法や切開法で二重まぶたの手術を受けるほうが良いかも知れません。

しかし、切開法などは、身体にメスを入れることになりますので、きちんと自分で納得してから、手術を受けるようにしましょう。不安な場合には、必ずクリニックなどでカウンセリングを受けましょう。

女性にとって、女優のような二重まぶたは憧れでもあります。ぱっちりした瞳は、とても魅力的に見えますし、異性にも注目されやすくなります。このまぶたになるには、いろんな方法があります。

最近多いのが、手術で埋没法や切開法を行うケースです。埋没法は医療用の糸を二、三ヶ所まぶたに埋め込むもので、手術後の腫れはありますが、すぐに二重になることが出来るので、高校生などには人気があります。

その他にも、切開法があり、これは余分な皮膚などを取り除き、切開したラインで目を二重にするもので、埋没法に比べると、身体にかなりメスを入れることになりますが、キレイなアイラインを作ることが出来ます。

腫れも埋没法よりも大きいので、しばらくは我慢する必要があります。いずれも魅力的な目になりますが、身体を触りますので、不安などがある場合には医師にきちんと相談するようにしましょう。

>>二重埋没法の施術後、腫れでお悩みの方へ

サブコンテンツ


このページの先頭へ