気になる二重埋没法、術後の腫れ経過 〜二重埋没法を紹介!“腫れない” “切らない”評判の二重埋没法とは?~

二重埋没法の施術から1ヶ月の経過が、まぶたにとって重要

一大決心で施術を受けた二重埋没法。術後、待っているのはダウンタイムです。術後の経過の情報を経験者からある程度得ていれば、ダウンタイムに起こる腫れや痛み、むくみなどにも冷静に対処できるのではないでしょうか。

以下に記す経過はあくまで一般的なものです。少しでも気になることがあれば、すぐに施術を受けたクリニックに連絡して指示を仰ぎましょう。

二重埋没法は、施術自体はそんなに時間のかかるものではありません。長くて1時間、短いものでは5分程度という方法もあります。ですがクリニックでは術前術後にカウンセリングがあり、場所によっては術後のクールダウンも院内で行うことがあります。施術日はなるべく、時間に余裕をもってください。

そして、施術から1ヵ月は二重が定着するまでのとても大事な時期です。その間どう過ごすかによって、まぶたがどう定着するかが変わってきたりもします。

埋没法後の経過~3日後~

3日後の目術後3日目までは、軽めの手術でも腫れ・まぶたの重みが起こることを予想しておきましょう。

外出・仕事はできればお休みして、自宅にいるほうが賢明です。難しい人は、事前に担当ドクターに「自分が腫れやすいか」確認し、予測を立てておきましょう。

腫れがひどいと予想される場合は眼鏡、髪型、メイクで隠せる程度かどうかもたずねてみてください。

>>3日後の経過を詳しくみる

埋没法後の経過~2週間後~

二週間後の目この頃になれば、見た目には術後の腫れ・ふくらみはなくなっていることでしょう。

ただ、自分ではまだ少し理想と違っていると感じたり、まぶたが重い・目が赤いなどの違和感を覚えやすい期間ではあります。術後、できる限り安静にしたあと、何もなければそのまま様子を見てください。

3週間〜1ヶ月で思い描いていた二重になる人が多いようです。

>>2週間後の経過を詳しくみる

埋没法後の経過~1ヵ月後~

一ヶ月後の目何も不具合がなくても施術したクリニックを受診し、二重の経過が良好かどうかチェックしてもらいましょう。

術後1ヶ月の間は、上で述べたような形で過ごすのが理想的かと思います。

術後1ヶ月を無事に乗り切ることができれば、ひとまず落ち着いても大丈夫です。きれいな二重のために、まぶたにできるだけのことをしてあげましょう。

>>1ヶ月後の経過を詳しくみる



このページの先頭へ